母親である女優の高畑淳子もバラエティ番組の出演をとり止めるな、言動がキモい

母親である女優の高畑淳子もバラエティ番組の出演をとり止めるな、言動がキモい

 8月23日、俳優の高畑裕太容疑者が40代女性への性的暴行の疑いで逮捕され、所属事務所や関係者は対応に大わらわ。母親である女優の高畑淳子もバラエティ番組の出演をとり止めるなど各方面に影響を及ぼしている。
「二世タレントという話題性にプラスして長身でハンサム、演技力も悪くない逸材です。ただ同時に独特の“危うさ”を察知していた人も少なくなかった」(テレビ局関係者)
 高畑容疑者は複数のバラエティ番組で下半身の“欲求”が強いことや艶系ビデオ好きであることを公言していた。
「彼の下ネタはあまり笑えませんでした。なにしろ、下ネタを言いながら目がまったく笑っていないんです。おかげで共演者も絡みにくそうでした。共演した清水富美加の髪についたご飯粒を食べたというエピソードを話したこともあるのですが、さすがに気持ち悪かったですね」(前出・テレビ局関係者)
 今年4月29日に放送された「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で見せた高畑容疑者の一面にドン引きした視聴者も多かったという。
「傘のエピソードは印象的でした。彼は借りた傘を置き忘れてしまったのですが、その傘が貸してくれた人の後輩の遺品だと知っても反応がなく、大事な傘を探しに行くこともなかった。これを観て、ただの天然ではないような気がしました。彼の行動を不気味に感じた視聴者によってしばらくネットも賑わっていました」(週刊誌記者)
 現在は非公開になっているツイッターにも下半身がウズいていることを呟くなど、尋常ではない性への固執ぶりがうかがえる高畑容疑者。せめて余罪がないことを祈りたい。
(笠松和美)

関連記事:http://asajo.jp/16006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です