真麻は今年1月にもブログで読者からの質問に答え、自身のブログを更新

真麻は今年1月にもブログで読者からの質問に答え、自身のブログを更新

 フリーアナウンサーの高橋真麻が8月24日、自身のブログを更新、現在の体重が54キロであることを明かした。
 真麻は今年1月にもブログで読者からの質問に答え、162センチ、54キロであると回答。フジテレビの局アナ時代最後の頃は44~46キロと痩せていたが、昨年、58キロまで激太り。理想は48キロだと打ち明けている。
「真麻のブログは食事の話が多い。それも仕事終わりの遅めの夕食を披露。油ギトギト、ボリューム満点な1人焼き肉、1人イタリアン、1人中華料理をパクついています。これで太らないわけがありません。8月21日には、1人イタリアンのフルコースメニュー5品の写真を並べていました。いつも全品Lサイズを完食するのに、この日はSサイズにもかかわらず食べきれなかったため、夏バテ? と不思議がっていた。台湾料理屋から激辛担々麺屋をはしごしたり、夜9時から串揚げ店で食べたりの日々。まるでフードファイターが胃を広げるために特訓しているようです」(芸能ライター)
 高橋といえば、4月に新恋人ができて「温かく見守って下さい」とコメント。それにしてはデートの話題は見当たらず、おノロケはさっぱり出てこない。ひょっとしてまたも失恋なのか。
「8月12日のブログで、久々に1.5キロ痩せ、51.5キロになったと大喜び。ところが、その週末には、旅行の暴飲暴食でリバウンドしたことを告白した。こうなると、食べずにいられない何かがあるのでは、と勘繰りたくなってくる。それでなくても、7月に母親から『妊婦のよう』とダメ出しされ、ダイエットを言い渡されています。連日のガチ飯、相当怪しいですよ」(スポーツ紙記者)
 新恋人がデブ専なのか、2度目の失恋のドカ食いなのか。幸せ太りには見えないが──。
(塩勢知央)

関連記事:http://asajo.jp/16043

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です