これまでジャニーズ事務所のタレントによるスキャンダルには、「御用メディア」を口封じ

これまでジャニーズ事務所のタレントによるスキャンダルには、「御用メディア」を口封じ

 SMAPの解散を受けて数多くの憶測が飛び交っている。これまでジャニーズ事務所のタレントによるスキャンダルには、「御用メディア」を口封じ、あるいは情報操作によるメディアコントロールで対応してきたが、今回はそれがまったく機能していないという。
「1月の解散騒動の時にも木村拓哉を守るような事務所の誘導情報が指摘され、木村が“裏切り者”だとレッテルを貼られましたが、今回の解散発表でも、香取を悪者にしたり、中居を守ってみたりという情報操作をしたつもりが、あまりの事態の大きさにその裏を読む情報もあふれ、事務所はかなり混乱をきたしているようですね」(週刊誌記者)
 最近では、事務所から解散するように仕向けられ、香取はその犠牲者だという話もまことしやかに聞こえはじめ、さらに実はメンバーは仕事を干されていた、という話も広まっている。
「ついには、辞めたマネジャーのI女史の責任を追及する報道まで出ました。I女史が辞めたせいで現場や各局の窓口が混乱しているというものです。ジャニーズ事務所も会社組織である以上、どんな理由であれ仕事が停滞するというのはリスクマネジメントができていない、会社が会社としての機能を果たしていないということを露呈するだけ。事務所に対して風当たりの強い風潮を感じて、とうとう自分たちのイメージ回復に努めようと必死になってきたんでしょう」(女性誌記者)
 移籍・独立封じや無理矢理の公開謝罪など、時代錯誤なイメージがついたジャニーズ事務所。どんな形で悪いイメージを払拭するのか。
(伊藤その子)

関連記事:http://asajo.jp/15899

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です